誰も知らない遺書

2017.3.3.Freitag開始。。。ただのきまぐれひとり言

後悔先に立たず

その人とすれ違う時、そうハッキリ聞こえたことを
忘れず、生かそう。

私はあの時、不安で怯えて気付かなかった。
手紙を渡すときは、いつもの悩みだと思っていた。

結局相手がいて失恋だったことよりも大切な学びがある。

冷静に自分の気持ちを見ればそれが好きだったこと。

人と無意味に通じてしまう悩みではなく、
単純に好きになっていたんだということを、もっと冷静に私は気づいて、

叶う叶わないはナシにして、ただその人を想っていれば良かったんだと思う。

今考えても、私が自分を取り戻せている貴重な時間には、その人を好きになったことは後悔はしていないし、無駄じゃなかったと思う。

物凄い宝物を失くした様な気がしているけど、存在が大き過ぎて思い出しても涙も出ないことが多い。

だけど、これからは幸せになりたいと思った。

こんな人に出会えたから、希望が湧いてきた。

これからは、相手も無く、耐える必要の無い人と出会って一緒になりたいって思う。

私はいつも思わされるままに自分でさえ不幸を望んでしまっていたんだと思う。だから良い人に出会っても意味の無い出会いばかりで、必ず相手のいる人で、我慢して終わるだけだったんだと思う。

気持ちは出来事を引き寄せるはずだから、これからは本当に幸せな一筋の想いで惹かれあって繋がることを望んでみよう。

私が私に「幸せにならないとだめだよ」って言ってあげる。

私が仕事を楽しむことを許す。だって私が真面目に働く気でいることは誰より私が知ってるから。

不真面目な気持ちはすぐにわかるから、それなら自分を責める必要はない。

大丈夫

これからは自分に幸せを望む。

堂堂と大好きって心の中で叫べる人に出会えます様に。

苦手だった子どもが可愛く感じる様になって、少しずつ女性らしくなってきました(笑)

頑張ろう、でも、もっと楽しもう。楽しく生きよう。
東京で。ここが私の居場所がある場所。


(^o^)v